Le Concert (2009) / オーケストラ!

『オーケストラ!』(原題: Le Concert)は、ラデュ・ミヘイレアニュ監督・脚本の2009年のフランス映画。

 ・ amazon : Le Concert (2009) / オーケストラ!

 ・ amazon prime : Le Concert (2009) / オーケストラ!

 ・ Apple : オーケストラ! (字幕版) – ラデュ・ミヘイレアニュ

 ・ iTunes : Le Concert (2009) / オーケストラ!

 ・ U-NEXT : Le Concert (2009) / オーケストラ!

 ・ Youtube : Le Concert (2009) / オーケストラ!

Le Concert (2009) / オーケストラ!のあらすじ

ロシアのボリショイ劇場で清掃員として働くアンドレイ(アレクセイ・グシュコブ)は、かつてはボリショイ交響楽団の天才指揮者として知られていたが、共産主義政府によるユダヤ人排斥政策に従わなかったため、30年前に楽団を追われた過去を持っていた。そんな彼はある日、パリの劇場がキャンセルした楽団の代わりとなるオーケストラを探しているという情報を得る。音楽界復帰のチャンスと思った彼は、追放されていたかつての楽団員たちを集め、『ボリショイ交響楽団』になりすましてパリにへ行くことを計画する。演目はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。アンドレイはソリストとしてパリ在住の女性ヴァイオリニスト、アンヌ=マリー・ジャケ(メラニー・ロラン)を指名する。彼女とともに演奏することもアンドレイの目的で、過去のある事情が関係していた。そして、演奏会の日。ギリギリで集まった団員たちの、調子っぱずれの演奏が始まり、「神様がいるなら教えてくれ」と祈る人も出てくる……。

関連記事

  1. Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain (2001) / アメリ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。