Sundays and Cybele (1962) / シベールの日曜日

『シベールの日曜日』(原題:Cybele ou les Dimanches de Ville d’Avray、英題:Sundays and Cybele)は、1962年製作のセルジュ・ブールギニョン監督によるフランス映画。原作はベルナール・エシャスリオーの『ビル・ダヴレイの日曜日』。白黒。

Sundays and Cybele (1962) / シベールの日曜日のあらすじ

元空軍のパイロットで、第一次インドシナ戦争での戦傷による記憶喪失が原因で無為な毎日を送っているピエール(ハーディ・クリューガー)は、ある日ひとりの少女に出会う。父親に捨てられ、天涯孤独の身で修道院に預けられたその少女はフランソワーズ(パトリシア・ゴッジ)と名乗った。お互いに深い孤独を抱えるピエールとフランソワーズは日曜日の面会ごとのビル・ダヴレイの逢瀬で、疑似的な親子とも恋人同士とも言える関係で触れ合う。しかし、幸福な週末は長くは続かなかった。クリスマスの日に、ピエールはフランソワーズの望みを叶えようとするが……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Les Aventuriers (1967) / 冒険者たち

  2. Jeux interdits (1952) / 禁じられた遊び

  3. Les Parapluies de Cherbourg (1964) / シェルブールの雨傘

  4. Un homme et une femme (1966) / 男と女

  5. L’Année dernière à Marienbad (1961) / 去年マリエンバートで

  6. Plein Soleil (1960) / 太陽がいっぱい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。