去年マリエンバートで (1961) : L’Année dernière à Marienbad

『去年マリエンバートで』(きょねんマリエンバートで、L’Année dernière à Marienbad)は、1961年公開のフランス・イタリア合作映画。アラン・ロブ=グリエによる脚本をアラン・レネが監督したモノクロ映画である。1961年、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞。日本公開は1964年5月。

L’Année dernière à Marienbad (1961) / 去年マリエンバートで のあらすじ

主人公の男Xは、女Aと再会する。Xは去年マリエンバートで会ったと語りかけるのだが、Aは記憶していない。しかし、AはXの話を聞く内に、おぼろげな記憶を取り戻していく。Aの夫であるMは、「去年マリエンバートで」実際に何が起こったのか知っている。

  • コメント: 0

関連記事

  1. シェルブールの雨傘 (1964) : Les Parapluies de Cherbourg

  2. 冒険者たち (1967) : Les Aventuriers

  3. 男と女 (1966) : Un homme et une femme

  4. 太陽がいっぱい (1960) : Plein Soleil

  5. シベールの日曜日 (1962) : Sundays and Cybele

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。