男と女 (1966) : Un homme et une femme

『男と女』(おとことおんな、Un homme et une femme)は、1966年制作のフランス映画。
カンヌ国際映画祭でグランプリ(当時)を受賞し、監督クロード・ルルーシュの名を世界に知らしめた。音楽は、フランシス・レイが担当している。「ダバダバダ」のスキャットが全編に流れる主題歌は非常に有名。

監督:クロード・ルルーシュ
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、アヌーク・エーメ

 ・ amazon dvd : Un homme et une femme (1966) / 男と女

Un homme et une femme (1966) / 男と女のあらすじ

スタントマンの夫を事故で亡くしたスクリプト・ガールのアンヌ(アヌーク・エーメ)は、娘を寄宿学校に預け、パリで一人暮らしをしていた。ある日、娘に会うために寄宿学校に行った帰り、パリ行きの列車を逃してしまう。そんなアンヌにジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)という男性が車で送ると申し出た。ジャン・ルイも同じ寄宿学校に息子を預けており、また、妻を自殺で亡くしていた。

関連記事

  1. 太陽がいっぱい (1960) : Plein Soleil

  2. シベールの日曜日 (1962) : Sundays and Cybele

  3. 冒険者たち (1967) : Les Aventuriers

  4. シェルブールの雨傘 (1964) : Les Parapluies de Cherbourg

  5. 去年マリエンバートで (1961) : L’Année dernière à Marienbad

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。