Les Quatre Cents Coups (1959) / 大人は判ってくれない

『大人は判ってくれない』(おとなはわかってくれない、Les Quatre Cents Coups)は、1959年のフランス映画である。フランソワ・トリュフォー監督の最初の長編映画。

 ・ amazon : Les Quatre Cents Coups (1959) / 大人は判ってくれない

Les Quatre Cents Coups (1959) / 大人は判ってくれないのあらすじ

12歳のアントワーヌ・ドワネル(ジャン=ピエール・レオ)にとって、毎日は苦痛の連続であった。学校では成績も悪く、いたずら好きで先生に叱責される。家では厳しい母親と、稼ぎも少なくうだつの上がらない父親に囲まれた息の詰まる生活。寝袋にくるまって両親のケンカを聞かされる日々。ある日、登校中に親友のルネと出会い、学校へ行くのを止める。午後に母親が街中で見知らぬ男と抱き合っているのを見て視線が合う。母は帰宅せず、翌朝、前日の欠席の理由を教師に追及されて「母が死んだのです」と答えるが、欠席を知った両親が現れてウソがばれる。
そんな彼の楽しみは映画を観ることだけだ。しかしある日、尊敬するバルザックの文章を丸写しして提出した作文がばれて叱られ、弁護したルネが停学になる。アントワーヌも家を出て、金持ちのルネの家に隠れ住む。やがて金に困り、ルネと一緒に父の会社のタイプライターを盗む。換金できず、戻しに行った時に守衛に捕まる。父親が警察へ連行する。非行少年として少年審判所へ送られ、護送車の中で初めて涙が出る。母親が判事の鑑別所送りの勧めに応じたため、束縛された毎日を過ごす。母親がようやく面会に来るが「ここが似合いだよ」と冷たい。監視の隙に脱走。野を越え、海へ、海へ。初めて見る海は大きかった。海辺に立ちつくし、ふとこちらを向いたまま動きを止める。(Wikipedia)

関連記事

  1. Le Salaire de la peur (1953) / 恐怖の報酬

  2. Hiroshima mon amour (1959) / ヒロシマ・モナムール

  3. Les Cousins (1959) / いとこ同志

  4. À bout de souffle (1959) / 勝手にしやがれ

  5. Ascenseur pour l’échafaud (1958) / 死刑台のエレベーター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。